ヒアルロン酸でキレイをGET|注目されている整形術

女性

プチ整形にも熟練の技

女の人

カウンセリングを丁寧に

美容クリニックで用いられるヒアルロン酸は、人間の体内にあるものと同様の成分でアレルギーを起こしにくいため、しわやたるみなどを改善するためのプチ整形に活用されています。しかし通常はひとくちにヒアルロン酸と言っていますが、ヒアルロン酸にもいろいろなレベルの品質の製品があります。このため、プチ整形でしわの施術などを受けるときは、できれば品質の良いヒアルロン酸を使っているクリニックを選びたいものです。美容クリニックのウェブサイトなどを見てみれば、使用しているヒアルロン酸のメーカーなどの情報を明記しているクリニックもあります。そういうクリニックで施術を受ければ安心といえるでしょう。ヒアルロン酸は注射1本で可能な整形法というイメージを持たれていますが、施術の前に医師が行うカウンセリングはこのヒアルロン酸注入術においても非常に重要です。ヒアルロン酸をどこにどのくらい入れるかということは、施術の前に患者と十分に打ち合わせておく必要があるからです。よって、カウンセリングに力を入れているクリニックを選ぶことも大切といえます。

注入する場所と量の重要性

ヒアルロン酸はもともと関節の治療などに使われていましたが、美容整形にも利用されるようになって15年以上が経過しました。美容整形施術に対して研究熱心な美容クリニックでは、この間のデータを集積し、より満足のいく美容整形を患者に提供できるように施術を工夫・改善し続けています。患者から高い評価を得ている美容クリニックでは、顔のどの部位にヒアルロン酸を何CC注入するかということに大変なこだわりを持っています。というのも、ヒアルロン酸はただマニュアル通りに注入するだけでよいというものではないからです。女性の顔が老けて見えるようになる原因のひとつは、たるみを帯びてきた皮膚と筋肉が下がってくることによってできる影です。この影は患者が手術台に横になってライトを浴びているときには目立ちません。そこでヒアルロン酸注入に熟練した医師は、施術前の打ち合わせの時に十分に観察・検討をして、ヒアルロン酸をどう注入すれば顔にできるすべての影を無くすことができるかを考えるのです。